底の硬いスリッパ=「鋼板入り防災すりっぱ」20150302-3

まちかど情報室「”もしも”に備えます」
2015/03/02(月)の放送でした。

 
●底の硬いスリッパ=「鋼板入り防災すりっぱ mamosu」

【楽天】

【アマゾン】

会社員のUさんのスリッパは、もしものときに備えたものです。
普段から使っているものです。

例えば割れたガラスの上を歩いても、大丈夫なスリッパです。
切って中を見てみると、厚さ0.6mm の鋼の板が入っていました。

スリッパは、重すぎると使いにくくなってしまいます。
このスリッパは片方145グラム。
日常で使っても気にならない程度の重さです。

寝るときにもUさんは、いつもそばに置いているそうです。

「ずっと履いておってもすごく軽いんで、疲れないし、はいているだけで、すごく守られている感もあって気に入ってます。」


鈴木 「いざ時グッズっていざと言うときに、どこにあるのか分からなかったりするから、普段から使えているものが役立つというのはいいですね。」

発売元メーカのHPによると
「足にフィットして走りやすく、そのまま外に逃げられる。」
「普段から履いてこそ意味がある。」
というコンセプトだそうです。

確かに、しっかりと足をホールドしてくれそうなデザインですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください