靴下の穴に貼るシール=「あなぺた」20161107-2

NHKおはよう日本、2016/11/07(月)のまちかど情報室のテーマは、
「よみがえります」

●靴下の穴に貼るシール=「あなぺた」

2人の子育てをしているUさん。

小学一年生の男の子は元気いっぱい。
すぐに靴下に穴が開いてしまい困っていました。

そこで、使うようになったものがあります。
靴下の穴をふさぐためのシールです。

まず靴下を裏返します。
穴をしっかり覆うように、シールをハサミでカットします。
そして貼り付け。
指で強く押してなじませるたら元に戻します。

これで穴をふさぐことができます。

目立たなくなりました。

粘着面はアクリル系樹脂でできていて、引っ張っても剥がれにくくなっています。

耐水性もあって洗濯して繰り返し使えます。

シールは薄いので履き心地もいいそうです。

「小さい子がいるので、針を使うのすごく怖いので、シールで晴れてすごく便利だと思います。」

簡単にしっかりくっつくので、Uさんは四角くカットして名札としても使っているそうです。
色は黒のほか、白と紺もあるそうです。


指定靴下などの場合、特に重宝することでしょう。

全体はまだまだ使えるのに、ごく一部だけ穴が開いてしまったときは、とても残念に思います。
よくあることですね。

このシール、試してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください