テーブルに挟んでつける皿=「スペースプラス」20160105-1

「便利にくっつきます」
2016年1月5日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

くっつけることで気持ちよく使えるアイデアが紹介されていました。
和久田さんは、お正月に甥っ子と姪っ子が顔中にクッキーの食べかすを顔にくっつけたまま遊んでいて、、、ということを話していました。
「便利にくっつく」というテーマには、内容的には直接つながらないエピソードでした。

●テーブルにスペースを増やすことが出来る皿=「スペースプラス」

お母さんのHさん。
きょうのランチは子供たちが大好きなメニューばかり。

テーブルの上がいっぱいです。

【楽天】

「飲み物とか。小皿を置く場所がないので困りますね。」

そこで、、、
「これでスペースを増やします。」
とのこと。

【アマゾン】

円いお皿のように見えますが、横から見てみると、皿以外に留め具の部分がついています。
ネジになっています。
テーブルに挟んでネジを締めていくとテーブルにくっつけることができます。

普段使っているテーブルに、お皿一枚分のスペースを増やせるというアイディアです。

樹脂でできていて、5.5cm の厚さまではさめるので、お皿やコップの置き場所として使えます。

さらに、重さ1kg まで載せることができるので、大好きなコーヒーを入れるときにマグカップを置くスペースとして使ったり、棚にくっつけて小物を置いたりしているそうです。
「子供がお絵描きするときとかに、飲み物を置くと紙がぬれなくて便利ですし、手軽に取り付けられるので、いろんなところで使うことができるので、すごくいいと思います。」


広いスペースではありませんが、ちょっとものを置くときに重宝しそうです。

ただ、テーブルから出っ張っているので、ひっかけやすくなっていると思います。
十分注意する必要があるでしょう。
特に小さな子供の場合は、熱いものなどは載せない方がいいような感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください