珪藻土でできた茶さじ=「soil CHA-SAJI」20131015-1

「ほっと一息ティータイム」
2013年10月15日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

ほっと一息、リラックスできるティータイムは貴重ですね。
あったかい飲み物を楽しむ時に役立つグッズや
アイディアが紹介されていました。

 
●珪藻土でできた茶さじ=「soil CHA-SAJI」
・問い合わせ先:株式会社イスルギ ソイル事業課
 Tel:076-247-0346

【楽天】

【アマゾン】
soil (ソイル) CHA-SAJI (茶さじ) ホワイト

「お待たせ。」と言いながら
お茶を運んできたKさん。

お友達を招いてお茶会を行っています。

お茶の保存に欠かせないものが小さなスプーンです。
茶さじですね。

茶葉といっしょに、茶さじを茶筒の中に入れておくそうです。
そうすると湿気を吸って、おいしさを保ってくれるそうです。

その茶さじに水を吹きかけてみると、どんどん吸い込んでいきます。
一見木に見えますが木ではありません。
実は、水をよく吸う珪藻土という土からできています。

海などに生息していた植物性プランクトンの堆積物で
それを固めて乾燥させたものがこの茶さじです。

Kさんは、これをお茶だけではなく、
ふりかけの保存にも使っていて重宝しています。
ふりかけも、いつでもサラサラです。

「珪藻土は天然の素材なので一緒に入れていても安心。乾燥剤の役目もあるので一石二鳥です。」


茶さじが、乾燥剤の役目を果たすとは、面白いですね。
知人でも、珪藻土の魅力に魅せられて、
自宅の壁を珪藻土で塗った人がいます。
部屋の空気がとてもよくなったと喜んでいましたね。

珪藻土でできた風呂マットもあったような気がします。
ぐんぐん水を吸ってくれて、頼もしいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ