ゴルフスイングを解析=「Zepp(ゼップ) GOLFスイングセンサー」20141024-3

まちかど情報室「スポーツ 楽しもう!」
2014/10/24の放送でした。

 
●ゴルフスイングを解析=「Zepp(ゼップ) GOLFスイングセンサー」

【楽天】

【アマゾン】

ゴルフの話題です。
会社員のMさん。

遠くに飛ばそうとするときに悩んでいたのが、
「疲れてくるとオーバースイングになるくせがあったようで、、、」

クラブを繰り上げすぎて、スイングが安定しなかったということだそうです。

そこで、タブレット端末に自分のフォームを映し出して改善しています。
立体的な画像で、いろいろな角度から確認することができます。

チロルチョコのような大きさのグッズ。
ゴルフグローブにつけて使います。

中のセンサーが、手の向きや位置、スイングの軌跡を表示してくれます。

濃い青色が振り上げたときのもの。
水色が打つときの軌跡。

二つの軌跡ができるだけ重なるのが理想のフォームですが、Mさんは振り上げて過ぎているために、この二つに大きなズレがあることが、はっきり分かりました。

スイングの軌跡以外にも、振り上げたときの角度やスピード、さらに全米ゴルフ協会が監修した得点まで表示されます。

1年前は、50点台だったMさんのスイングは、最近、80点を超えることもあるそうです。

「やみくもに振ってたんですけど、これをつけ始めたら、自分のくせがわかるようになったかなと思います。」


鈴木 「改善点が明確になると、練習も効率が上がって楽しくなりそう。」

このグッズ、ゴルフのグローブにつけるだけではなくて、野球のバットに取り付ければ、スイングの軌跡が確認できます。

テニスのラケットにつければ、ボールを打ったときの振動から、どこでとらえてるのかというのもわかるそうです。

野球やテニスなどにも活用できて、使い方はひろがります。
家族で活用することもできそうです。
テニスラケットやバットのグリップエンドに、しっかりと付いている姿が見えました。

アプリを使い分けることで、各種目に対応できるようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください