スマートフォンなどを充電できる鍋=「発電鍋 ワンダーポット」20140715-3

まちかど情報室「バーベキューで役立ちます」
2014/07/15の放送でした。

 
●スマートフォンなどを充電できる鍋=「発電鍋 ワンダーポット」
・問い合わせ先:株式会社 TESニューエナジー
 Tel:072-751-1678

【アマゾン】

アウトドアが大好きなHさん。
大人のバーベキューを楽しんでいます。

みんなで集まると、スマートフォンで動画を撮ったり、音楽を聴いたりして楽しみます。
スマートフォンのバッテリーは消耗しがち。

その時に活躍するのが、鍋でした。
充電できる鍋です。

秘密は鍋の底に埋め込まれた特殊な発電装置。
中のお湯の温度は100度。
外側の火の温度が550度以上に達すると、その温度差を利用して発電するという仕組みになっています。

持ち手の先には小さな丸い穴が開いていて、専用のコードを個々に差せば、スマートフォンやLEDライトなど、ちょっとしたものの充電ができます。

コードは焼けないように気をつけなければなりません。

機種にもよりますが、スマートフォンなら15分の調理で、10パーセントほど回復するそうです。

「鍋で調理をしながら、充電ができるというのは非常に面白いアイディアだと思います。
色々な場面で役立つと思いますね。」


鈴木 「鍋で発電するというアイディアは驚きましたし、災害とかいざと言うときにも役立ちそうですね。」

これは、開発されたきっかけは東日本大震災だったそうです。
ドラム缶で火を起こして、暖をとっているというかたたちの姿を見てある技術者が、この火の熱を生かして発電できないかと思い立ったそうです。

小山 「まさに魔法の鍋だ、と。」

キャンプ中は充電しにくいことが多いので、バーベキューしながら充電できるのは、いいですね。

太陽光などの自然エネルギーの活用はもちろん大事ですが、天候に左右されますから、火によって充電できるのは、安心感があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください