シート状のはちみつ=「ハニーシート蜜な味」20160122-1

「”平ら”にしました!」
2016年1月22日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、寝るときに毛布を平らにキープするため、敷いて寝ているそうです。
ちょっと不思議な感じがしましたが、快適だそうです。

平たい形で使いやすくするアイデアが紹介されていました。

●シート状のはちみつ=「ハニーシート蜜な味」

朝食によくハニートーストを食べるというSさんご夫婦。

瓶の中で蜂蜜が固まって使いづらいと思ってきました。
「どうしてもお団子状になるので、上に乗せるという感じですね。諦めて、、、」

しかし、最近、諦めなくていい蜂蜜を発見しました。

【楽天】

大さじ一杯のハチミツに寒天を混ぜて、シート状に加工したものです。
蜂蜜を平らにしたということですね。

和久田 「箸でつまめるんですね。」

バターも入っていて、パンにのせてトーストするだけで手軽にハニートーストが楽しめてしまうというアイディアです。

満遍なく広まって、焼き色も均一になります。
Sさんは、このシートにきな粉やすりゴマをまぶして和菓子のようにして楽しんだり、お餅に乗せて加熱して、お醤油をたらすと、みたらしだんご風にして味わうこともあります。

さらにフルーツに巻いてデザートにしたりと、いろんなアレンジを楽しんでいます。

「いちごの酸味とハニーの味と、、、抜群やな!」

「のせて焼くだけなので、手間が省けますし、『これなんだと思う?』という感じで、(お客様に)出して喜んでもらえるんじゃないかしらと思います。」


食品会社に勤めていた男性が、結婚を機にミツバチを育てる養蜂業を営むことになり、これまでの経験を生かして、新しいハチミツの食べ方を開発したいなということで、考えた製品だとのこと。

ハチミツを程度な硬さで固めながらシート状にスライスするのに、5年かかったそうです。

無事、製品化できてよかったですね。
結婚を機に転職ということはあるのかもしれませんが、養蜂業に転じるというのは、かなり珍しいことなのではないでしょうか。

この製品にたどり着くように、運命づけられていたのでしょうか?
興味がひかれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください