自分の顔のだるま=「勝利祈願のそっくり達磨」20160104-3

まちかど情報室「目標に向けて頑張ります」
2016/01/04(月)の放送でした。

●自分の顔のだるま=「勝利祈願のそっくり達磨」

布や服の裏地を扱うHさん。
今年新商品の開発を目指しています。

そこで、事務所に飾っているのが、赤くて小さい置物。
だるまに見えますが、顔は人の顔になっています。
Hさん本人の顔でした。

MaaYu「勝利祈願のそっくり達磨」

顔写真をメールで送ると、やわらかい中心に印刷されます。
これに手作業で凹凸をつけていって、だるまに仕上げてくれるというアイディアです。

およそ1週間でできるそうで、人の顔以外にも今年の干支にちなんだ猿のだるまなどもあります。

「昔の古いものとかが結構大好きで、しゃれが利いていておもしろいかなと。
だるまを見て、何回も立ち上がっていこうという気持ちをこれを飾っています。」

和久田 「ちょっと気が緩みそうな時にも、だめだめ、もうちょっと頑張ろうと思えそうですね。」


「猫のそっくり達磨」や「犬のそっくり達磨」などもシリーズ化しているそうです。
写真から、立体的に再現してくれます。
技術が確立されているようです。

蝋人形のようなリアルなお面、「リアルマスク」も手掛けています。
興味深いですね。

HPでは、「ゴールデンボンバー2014年全国ツアー」でこのリアルマスクが使用されたことも紹介されていました。
ゴールデンボンバーのリアルマスクのこと
喜矢武豊さんのリアルマスク5個を製作したそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください