“ひんやり”がいいんです 6月20日

台風4号が予想通り日本に上陸し、縦断していきました。雨と風で、各地に被害が出たようです。お見舞い申し上げます。いよいよ北海道にも近づいてきましたが、勢力はだいぶ弱まったようで、まもなく温帯低気圧に変わる見込みだそうです。北海道の農家では雨が欲しいと思っているところもあるようですから、暴れずに、ほどよく恵みの雨を降らせてくれればなと思います。
 2012年 6月20日(水)のまちかど情報室は、「“ひんやり”がいいんです」というテーマでした。蒸し暑いとき、蒸れを防いでくれたり、涼しさを感じさせてくれるというアイデアが紹介されていました。

●長時間椅子に座ってもおしりが蒸れにくいシート=「空調座布団 エアロシート」
・問い合わせ先:西川産業株式会社 TEL:03-3664-3962(営業戦略室)
URL→http://www.nishikawasangyo.co.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
都内の会社で事務の仕事をしているAさん。職場のエアコンの設定は28度。皆さん、うちわを使ったり小型の扇風機を置いたりしています。Aさんいわく、「もものところとかが、かなり蒸れたりして、不快な思いをしていたんです。」
そこでAさんがみつけてきたのは、氷枕のような形の座布団。ファンが付いています。お尻の蒸れを防ぐシートです。座ってスイッチを入れます。ファンが回って空気を吸い込み、反対側から吐き出します。このシートは、人が座っても空気が通るような構造になっています。湿気や熱がこもらないそうです。
 実験をしていました。シートのある方とない方にそれぞれ手を置いて、離した後の温度変化を赤外線カメラで観察します。シートのある方は、手を離した瞬間からどんどんと温度が下がっていきます。シートの中を通る風が熱を奪っていくそうです。ファンのお供静かなので、職場でも気にならないそうです。
 Aさんのコメント=「お尻のところから、風が抜けている感じがして、蒸れが防げるようになりました。」
 布団で有名な西川が作っている製品。エアロシートは寝具にもあるようです。乾電池で動くので移動も苦にならないようです。

●首もとなどをおしゃれに冷やすシュシュ=「涼シュシュ」または「クールシュシュ」
・問い合わせ先:隅防商産㈱ TEL:06-6538-7180
URL→http://www.sumibo.co.jp/
「涼シュシュ」と「クールシュシュ」は同一品ではないと思いますが、中材が吸水ポリマーであるということや、使い方は同じようです。
どちらも楽天やアマゾンで扱いがありました。ただ、番組で紹介されていた水玉の柄は、見つけることができませんでした。値段が安いほうの「涼シュシュ」の画像を載せておきます。

汗かきだというTさんがみつけたいいものとは、シュシュでした。Tさんは出勤してまずすぐすることは、シュシュを水に漬け込むこと。そうすると水がたっぷり吸い込まれていきます。シュシュの中には、紙おむつなどに使われている吸水ポリマーが入っていたんです。水分をたっぷり吸うと、しっかりと膨らみます。水を含ませたシュシュは軽く絞ってから髪を結ぶのに使います。すると、そのシュシュは首の後ろに接して水分が蒸発するときに体を冷やしてくれるそうです。たまには、手に持って首の周りとかおでこに当てても気持ちがいいそうです。
 Tさんのコメント=「首周りがてもひんやりしていいです。仕事中快適ですね。」
シンプルですが、涼しさを体感しやすいグッズですね。問い合わせ先のHPは、情報が少なかったです。これだけシンプルなのも珍しいなと思いました。

●首もとを長くひんやりさせる冷却材=「フレキシブルアイスマフラー」
・問い合わせ先:株式会社菱屋 TEL:083-2666-0303
URL→http://hishiya-cool.com/
楽天で扱いがありました。

公園で、自転車の練習をしているFさん親子。ほてった体を冷やすために持ってきたのが、冷却材が入っていて首周りを冷やせるというグッズ。冷凍庫で一晩冷やしてきたもの。ぐにゃぐにゃに曲がります。これを専用の袋に入れて首に巻きつけると、涼しくなりました。中に入っているのは、シャーベット状の特殊なジェルで、冷却効果が長持ちするそうです。-18度で8時間冷やした直後は、-17.2度。室温25度の部屋に30分置いた後も、-16.5度。冷たいままです。長くひんやり感が続くので、Fさんは重宝しているそうです。
 Fさんのコメント=「簡単に曲がって、首にフィットするので、とてもいいです。これからの季節に重宝します。」
 部活動をする子供たちや応援するお母さんたちも活用したいグッズですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください