脇の下につける=「ワキがひんやり!冷却ジェル付き汗わきパッド」20150525-2

NHKおはよう日本、2015/05/25(月)のまちかど情報室のテーマは、
「暑い日も さわやかに」

 
●脇の下につける=「ワキがひんやり!冷却ジェル付き汗わきパッド」

大学生のMさん。
蒸し暑い日に気になるのが、わきの下の汗。

和久田 「これは何とか避けたいですよね。」

「ちょっと走ったりして、立ちどまった瞬間に”やっちゃったー”という感じになりますね。」

そこで使っているのが、布製の脇パッド。
腕に通して、脇の下に当てます。

薄くて柔らかい吸水性の高い素材を使っています。
ポイントはポケットがついていること。

冷却ジェルを入れることもできます。
ワキ汗を吸うのはもちろん、ひんやり汗が出にくくしてくれます。

「どんだけ汗をかいても、目立たなくて、着け心地もひんやりしてて気持ち良いですし、サラサラであんまりつけてる感じもわからなくてよかったです。」


汗を取るだけでなくて、熱中症対策になるものとして開発されたそうです。
わきのあたりには、太い血管が通っているので、冷たいジェルでそこを冷やすことで体を効率的に冷やし、熱中症を防ぐことにつながるということでした。

パッドかパットか迷いました。
もともと、”pad” なので、パッドのほうがいいんでしょうね。
通じればどちらでもかまわないという人が多いとは思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください