キャラメルみたいな石鹸=「旅する石鹸」20150316-1

「見た目は ○○ですが・・・」
2015年3月16日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

一見、全く別のものに見えるユニークなアイデアが紹介されていました。
「見た目は、、、、」というなぞ掛けで話を盛り上げようとした鹿島アナウンサーでしたが、鈴木アナウンサーの反応もいまひとつ。
かみ合わないスタートでした。

 
●キャラメルみたいな石鹸=「旅する石鹸」

【楽天】

【アマゾン】

一見、キャラメルに見えるものが紹介されていました。
紙を取って中身を見てもキャラメルそっくりです。

使っているのは、Mさん。
恋人と日帰り温泉にやってきました。

旅先には石鹸を持参しているとのこと。
「ぬれた石鹸をもう一回持って帰るとなると、荷物が汚れるのが気になっていました。」

そこで、使い切りのキャラメルみたいな石鹸を使うようになりました。
1個でお風呂1回分。

作ったのは兵庫県の石鹸メーカー。
この会社は、植物油を使った無添加の石鹸をいつも作っています。

材料にしたのは、オリーブオイルとはちみつ。

旅行や出張の時にも、いつも自分が使っているものを使いたいという声を受けて、小さいものを作りました。

小さくすると、石鹸は割れやすくなるそうで、それを割れにくくするのが難儀だったそうです。

キャラメルと同じ包装紙を使って、1個1個手作業で詰めていきます。

「わー、かわいいと思いました。1個ずつ使いきりなので、近くの銭湯に行った時やジムに行った後のシャワルームでも使っています。」


本当に、キャラメルそっくりでした。
質感もよく似ていました。
練って固めるという工程がおなじだからかもしれません。

ちょっと余るとか足りないということは起こりそうですが、ぬるぬるした石鹸を持ち帰るときの厄介さに比べると、問題ではないと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ