卵の殻でできたバスマット=「エッグタイルバスマット UFUFU(うふうふ)」20161208-1

「原材料に ひと工夫」
2016年12月8日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

ユニークな原材料を使ったアイディアが紹介されていました。

●卵の殻でできたバスマット=「エッグタイルバスマット UFUFU(うふうふ)」

日本エムテクス エッグタイルバスマットUFUFU(ウフウフ) 卵の殻 吸水バスマット
by カエレバ

バスマットが登場しました。
使っているのはWさん一家。

原料に卵の殻を使っているものでした。

卵の殻には小さな穴が沢山開いています。
そのため、水分をよく吸収します。

乾燥も素早く、こうした特徴をバスマットに活用しました。

殻は食品工場で廃棄されていたものを再利用しました。
洗浄したあと粉にして、美濃焼の面倒とまぜてタイル状に焼きました。

和久田 「やさしい色合いが組み合わさって、おしゃれですね。」

卵の殻にしたことで、冬でもひんやりしないというよさもあるそうです。
殻が空気を含んで断熱効果のような働きをするそうです。

軽いので、立てかけるときにも楽に持ってるそうです。

「何度乗っても、いつまでもサラサラしていて気持ちがいいです。
みんな喜んで使っております。」


卵の殻の質感は、いいですね。
冬でもひんやりしないというのはうれしいです。
どんどん水を吸い込む様子も、気分良かったです。

ただ、値段は高めだなとおもいました。
特別な作り方なので仕方がないとは思いますが。


コメントを残す

このページの先頭へ