歯ブラシとコップを浮かせて置ける=「ハブラシ・コップかける君 」20151030-3

まちかど情報室「支えて快適!」
2015/10/30(金)の放送でした。

 
●歯ブラシとコップを浮かせて置ける=「ハブラシ・コップかける君 」

【アマゾン】

Fさん親子が使っているグッズ。
洗面所で、歯ブラシとコップを支えてくれます。

裏にある吸盤で白いグッズを鏡につけます。
V 字になった部分に歯ブラシを引っかけて、奥の溝にコップを差し込みます。
それぞれ浮かせて収納できます。
水がよく切れそうです。

電動歯ブラシや、カミソリもかけられます。

「衛生的にもすごくいいですし、収納や置き場所もすっきりして、お掃除もしやすくなって大変よかったなと思います。」

和久田 「確かに洗面台で、置くものが増えていって、スペースなくなっちゃいますからね。浮かせられるというのはいいですね。」


この製品、単身赴任をしていた男性が開発しました。

歯ブラシをコップに挿して置いていましたが、コップや洗面台の滑り汚れが嫌で、何とかしたかったということです。

ヒントになったのは、ある木だということでした。
槇(まき)の木。
V 字型の葉に、偶然枝が引っかかっているのを見て思いついたそうです。
面白いですね。

「必要は発明の母」ということだと思います。
何とかしたいと思っているからこそ、木の様子からひらめいたのだと思います。
同じ様子を見ていた人はこれまで無数にいたことでしょうから。


コメントを残す

このページの先頭へ