洗面台にスペースを=「折りたためる洗面台のフタ」20150601-1

「朝の支度に役立ちます」
2015年6月1日(月)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田アナウンサーは、朝起きるのがすごく得意だそうです。
「目覚ましが鳴って2、30秒したらもう立ち上がって動いています。」
普通の携帯のアラームでおきているということ。
秘密はないそうですが、特別に目覚めが良いようです。
うらやましいですね。

忙しい朝の準備に役立つアイデアが紹介されていました。

 
●洗面台にスペースを=「折りたためる洗面台のフタ」

【ベルメゾン】

 ※画像をクリックすると、販売サイトに飛びます。

一人暮らしの会社員、Wさん。
毎朝洗面場使うときに困っていたことがありました。

化粧品や髪のスタイリング剤、などの置き場です。
「いつも朝は急いでいて、いろんなものを落としちゃうんですよ。」

そこで使うようになったのが、お風呂の蓋のように広げられて物を置くスペースをたっぷり取れるという、洗面台の蓋です。

蛇口側を折りたためば、手も洗えます。

「あの蓋を使うことによって、いろいろ物を落とすこともないですし、朝の時間を有効に使うことができると思います。」

朝だけでなく、帰ってきてお風呂に入るときにも、バスタオルや着替えをおいて使っているそうです。


このアイディア、狭い洗面所でプールで使うビート版をフタにしている人がいたのがきっかけだそうです。

お風呂のふたのようにすれば、蛇口のところもつかえるということで改良したそうです。
モノを置くだけでなくて、つけおき洗いをするときに、子供が洗剤などに触れないようにかぶせておくという人もいるそうです。

幅が2種類、奥行きが3種類、合計六種類のサイズがあるようです。
自分の洗面台に合わせて購入することができますね。
使わないときには隙間に収納できるので、狭い洗面台では重宝しそうです。


コメントを残す

このページの先頭へ