いざという時に足を固定できるスリッパ=「ぬげにくい安全スリッパ」20131031-3

まちかど情報室、「足もとに工夫あり!」
2013/10/31の放送でした。

 
●いざという時に足を固定できるスリッパ=「ぬげにくい安全スリッパ」
・問い合わせ先:旭電機化成株式会社
 Tel:06-6976-1371

【楽天】

【アマゾン】
ぬげにくい安全スリッパ L ABO-13L

いざと言うときに役立つアイディアが紹介されていました。
Tさんが使っているものです。

災害に備えて、水やヘルメット、縄梯子などを用意しています。
普段はいているスリッパにも気を配っています。

このスリッパはベルトをはずして、足もとにくるっと巻けば、
足首が固定されて、脱げにくくなります。

いざと言うときに、そのまま外に出ることができます。

更に、中身にも工夫があります。
スリッパの断面を見てみると
底の部分に透明な板が入っていることが分かります。
軽くて衝撃に強いポリカーボネート。
最近注目の素材です。
釘を打っても通しにくい、丈夫なものです。

ですから、このスリッパ、ガラスの破片や瓦礫から足を守ってくれます。

Tさんは、寝るときにはいつもこのスリッパを枕元に置いているそうです。

「寝ているときに地震があったときに
このスリッパで外に出れば大丈夫かな、
普段はいていればそのまま逃げられるかなと思いました。」


鈴木アナウンサーが言っていたように、
普段使っているものがいざと言うときに身を守ってくれる
と思えることは心強いですね。

東日本大震災をきっかけに開発された製品ですが、
「逃げるときに靴が見つからなかった」とか
「ガラスの破片の上を避けていかなければならなかった」という
言葉を聴いてメーカーが工夫したそうです。

ベルト式なので、足のサイズを選ばないと言うのもいいですね。


コメントを残す

このページの先頭へ