クッション部分が取り外せる椅子=「d.a.t 防災スツール」20140901-2

NHKおはよう日本、2014/09/01のまちかど情報室のテーマは、
「”もしも”に備えます」

 
●クッション部分が取り外せる椅子=「d.a.t 防災スツール」
・問い合わせ先:山形大学工学部バイオ化学工学科
 Tel:0238-26-3156

【楽天】

大学生が考えた防災のアイディア商品です。
それは椅子。

地震が来たとき、座っている椅子のクッション部分を外して、頭にかぶることができます。

いつも座っている椅子なら、緊急の時にも素早く持ち出せます。

考えたのは山形大学の工学部の学生の皆さん。

防災用品を開発する授業で、去年、宮城県石巻市を訪れました。
そこで住民の皆さんに聞き取り調査を行いました。

「避難先は体育館が覆いと言うことで、硬い床の上で一日過ごさなければいけないということでつらい、という声が多かったです。」

そこで、厚手のクッションがすぐに持ち出せれば、避難先でも役立つと考えました。

椅子から外して頭にかぶってきたクッションを、床に置いて座布団にしたり、枕にしたりすることができます。


かぶったときの姿は、キノコのようで、ユーモラスですが、頭の部分をしっかり守れそうな感じがしました。

東京テレビ トレたまでも取り上げていました。
トレたま2014 すぐに持ち出せる | 「d.a.t.スツール」20140310

値段は高めですが、仕方のないところでしょうか。
学生さんたちは、さらに、このアイディアを磨いていきたいということでした。
今後の展開にも注目したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください