水に浮くランドセル=多機能ランドセル「プレセーブ」20160407-3

まちかど情報室は「いざというとき 役立ちます」というテーマ。
2016/04/07(木)の放送でした。

●水に浮くランドセル=多機能ランドセル「プレセーブ」

京都の小学校に通っている子供たち。
通学中友達と遊びに夢中になっています。
誤って川に落ちたりしないか、心配にもなります。

そんな万が一に備えて、学校が今年度から導入したのが特別なランドセルです。
このランドセルは水に浮きます。

その秘密は、ウエットスーツなどに使われている素材でできていること。
ベルトなどには、浮きやすい樹脂が入っています。

プールで行った実験では、体重80キロほどの大人でも、浮くことができました。

和久田 「子供には十分ですね。」

腰ベルトもついていますから、ランドセルが背中にぴったりつけた状態にできます。
頭を安定して浮かせることができます。

和久田 「きちんと呼吸もできるということですね。」

ランドセルの、かぶせてる部分には防災頭巾も入っています。

小学生 「もうちょっと重いかなと思ったけれど、意外に軽かった。」

副校長 「(子供の)防災意識を高めていく面で、役に立つ。
少しでも安心安全を考えると、いいかなと思います。」

和久田 「行き帰り必ず子供が身につけているものですから、いざという時に役立つというのは安心ですね。」


登場した小学生は、「京都教育大学附属桃山小学校」の児童のようです。

ランドセルを作ったのは、オゴー産業という会社。
商品名は、防災ずきん付きの多機能ランドセル「プレセーブ」だそうです。

「繊維ニュース」というサイトで、説明がありました。
探訪 小学生服の現場から/多機能ランドセル指定/京都教育大学附属桃山小学校

値段もそれほど高くはないとのことのようですが、詳細は調べきれませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください