蓄えた光で扉が光るロッカー=Myプラ「ホタロッカー」20160407-2

NHKおはよう日本、2016/04/07(木)のまちかど情報室のテーマは、
「いざというとき 役立ちます」

●蓄えた光で扉が光るロッカー=Myプラ「ホタロッカー」

ビールの2階にあるサーフショップ。
もし停電して真っ暗になると、、、

和久田 「何か光ってますね。」

光っていたのはロッカーの扉でした。

太陽や蛍光灯などの光をためることができて、暗くなると1時間ほど発光します。

和久田 「じわーっと光ってますね。」

こちらのお店では避難しやすいように、非常口までの通路にロッカーを配置しています。
「ビルの中のお店なので、何かあったときすべて電源がシャットアウトしてしまう。
避難経路をしかり誘導できるのが、いいところだと思います。」

このロッカーは1分ほどで組み立てることができます。
しかも、ねじで簡単につなぎ合わせることができます。

Myプラ「ホタロッカー®」のページ

好きな形で設置できるロッカー。
このお店では、普段、お客さんの荷物を入れたり、商品の在庫保管に利用しています。

和久田 「スペースに合わせて無理なく設置できるんですね。」


ロッカーはスチール製という思い込みがありました。

このようなプラスチックのロッカーは軽量で組み立ても簡単にできるので、どんどん広がっていくのではと、思いました。

扉が光って誘導灯に近い働きをするというのも、いいと思います。

メーカーのHPなどによると、
私立の学校では、入学の時にロッカーを個人個人に購入、卒業時には持って帰らせるというところもあるそうです。

これもまた、いいアイディアだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください