走ると光る自転車=「Ki・La・Cle(キラクル)」20160303-1

「安全サポートします」
2016年3月3日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、「家の玄関をちゃんと締めたかたなと、不安になって戻って確認することがよくあるんですよ。」ということでした。
安全をサポートしてれるアイディアが紹介されていました。

●走ると光る自転車=「Ki・La・Cle(キラクル)」

4月から中学生になるYさん。
自転車通学になるそうですが、、、、
父「帰りが遅くなって、暗くなった時に、自転車が見えないとか、そういうのは、不安かなと思います。」

そこでおじいちゃんがプレゼントしてくれたのが、特別な自転車。
暗い場所でも安全に走れるそうです。

特徴は、フレームについてるシールのようなもの。
暗い場所で走ってみると、、、
光っています。

無機ELというシート状のライトです。
前輪が回転すると光るしくみ。

さらに、後ろの反射材には、ライトが内蔵されていて、一緒に点滅。
そして、自転車の横、サドル、タイヤには反射材がついていいる、、、。

あの手この手でとにかく光ります。

和久田 「全体的に明るく見えるので、遠くからでも、自転車だということがはっきりわかって、いいなと思います。

Yさん 「自転車が光っているので、車が避けて通ってくれて安心して乗れます。」


歩行者や自転車は、道路では弱者です。
「やりすぎか?」というくらい自分を目立たせることが大事だと思います。

昔の自転車は、ライトをつけようとすると、抵抗がかかって進みにくくなって苦労しましたが、今は、そんなことはないようですね。
どんどん光らせれるべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください