あて名書きのガイド=「スットカケール」20151202-2

NHKおはよう日本、2015/12/02(水)のまちかど情報室のテーマは、
「年賀状でごあいさつ」

●あて名書きのガイド=「スットカケール」

【楽天】

会社員のKさん。
年賀状の宛名を、手書きでしかも、縦書きにこだわって書いています。

普段書き慣れないのでどうしても曲がってしまいます。

そこで、今年の宛名書きには、ある定規を使うことにしました。
はがきがずれないように、ピタッとはめることができます。

相手や自分の住所を書くところにだけ四角く空いていて、上記の黒い点線を意識して書いていきます。
そうすると自然とまっすぐ書けるようになるというアイディアです。

定規には数字が書いてあります。
相手の名前が4文字の時には、4の線の大きさで、三文字の時は3の線の大きさで書くと、バランスよくなるようになっています。

「どっかに手書きの文字があるっていうところを一番こだわっていますね。
字が下手なりでも、収まって見える。字がきれいに見える。」


便利そうですね。
我が家でもみんながあて名は手書きしています。
あまりこだわりすぎるので、進まないので、どんどん書いていきますが、曲がった!ということはよくあります。

このスケールを使うと、能率も落ちず、きれいにかけそうな気がします。

これも、セーラー万年筆の製品でした。
ただ、公式HPで、「スットカケール」と入れて検索しても、ヒットしないというのがなんだか納得できませんでした。

オンラインショップならヒットしたのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください