ガラスや陶器にカラフルに描けるペン=「デコレーゼ」20170110-1

「色いろいろ」
2017年1月10日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

カラフルな色を楽しむユニークなアイデアが紹介されていました。

●ガラスや陶器にカラフルに描けるペン=「デコレーゼ」

普通のインクでは書けないものをカラフルに彩るアイディア。
主婦のFさんと、友人たちが使っているのが、特別なペン。

サクラクレパス 水性ボールペン デコレーゼ パステル DB206-P#950 ホワイト
by カエレバ

粘り気のあるインクが出てきて、普通のインクでは書けないガラスや陶器などに色をつけることができます。

色は全部で20色。
Fさんたちは、コップやガラス類などを制作して楽しんでいます。

和久田 「手書きでおしゃれですね。」

インクは5分ほどで乾燥し、強くこすらなければ水がついても落ちないそうです。

「気軽に描ける。いろんなものがかわいく仕上がるので、すごくいいなと思いました。」

「初めはガラスに書くのが難しそうだったけど、描いてみたら自分の描きたいものが簡単に描けたから、すごいなと思いました。」


インクがたっぷりと出てくるので、描きやすいだろうなと思いました。

修正ペンに近いのかなと想像します。

ペン先にもインクにも工夫があるんでしょうね。


コメントを残す

このページの先頭へ