ペンとふせんが一体になったボールペン=「メモピ(MeMo+P)」

NHKおはよう日本、2014/03/20のまちかど情報室のテーマは、
「組み合わせてより便利に」

 
●ペンとふせんが一体になったボールペン=「メモピ(MeMo+P)」
・問い合わせ先:株式会社ビジョンクエスト
 Tel:06-6536-5877

【アマゾン】

保険代理店の営業マンのYさん。
休憩中、コンビニに寄りましたが、電話がかかってきました。

メモを取るためにペンを取り出しました。
一見、メモ用紙はなさそうですが、、、

なんと、ペンの軸に紙が巻きついていました。
好きな長さにカットして、手の甲に貼り、メモを書いていきます。

どこでもいつでも、メモをちぎって貼っています。

鈴木 「なくなったら、ただのペンになっちゃいますよ。」

実は、ロール付箋紙の替えがありました。
新しいのを付けて、何度も使うことができます。

「私ども、営業職ですので、
よくお客さんから電話いただきます。
かばんの中からでも出して書くというよりも、
胸元からペンを出して、ここにメモがある、、、
非常に便利だなと思います。」


鈴木アナウンサーは、
「おもしろいだけじゃなく、意外と便利かもしれませんね。」
と言っていました。

ロール付箋紙自体、場面によってとても重宝するものです。
それをペンの軸に収めるというのは、
さもありなん、という感じですが、実現させたのは立派だと思います。

マスキングテープなども、似たような活用ができるかなと思いました。
ただ、マスキングテープは、表面がメモしにくい場合が多いので、
もう一ひねり必要かもしれません。


コメントを残す

このページの先頭へ