傾いているブックエンド=「インターロック ブックスタンド」20160720-2

NHKおはよう日本、2016/07/20(水)のまちかど情報室のテーマは、
「この形がいいんです」

●傾いているブックエンド=「インターロック ブックスタンド」

広告代理店で働くHさん。

最新の情報をチェックするため、いつも沢山の雑誌に目を通しています。
「重さに耐え切れずに倒れたりとか、バランスを取れずに崩れて、立てづらいというのがありますね。」

そこで使ってるのが、ちょっと形の変わった本立て。
机の上に置いてみると、傾いています。

この傾きがポイントです。
垂直に立てておく本を、あえて12度傾くようにしてあります。
すると、雑誌一冊でも倒れません。

和久田 「わざと傾けてるんですね。」

考えたのは神奈川県にある雑貨メーカー。
いろんな角度で試したところ、この12度という角度が取り出しやすく倒れにくい、ベストなバランスだと突き止めたそうです。

Hさんはつなげて使って、書類や封筒などを区別して整理しているそうです。

「絶妙な角度で最初から倒れているので、すごく単純ではあるんですけど、すごく目の付け所がいいなと思いました。」


「MoMA Twelve-Degree ブックスタンド」という名称で紹介されているページもありましたが、同じ製品だと思われます。

いずれにしても、売り切れが多く実際に販売しているところは少ないようです。

12度という角度に注目した製品はほかにもありました。
こちらは、ちょっと値段が高いですね。

別製品ですが、12度という角度がいいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください