取っ手がついていたブックカバー=「ブックパック」20140117-3

まちかど情報室「サッとしまえます」
2014/01/17の放送でした。

 
●取っ手がついていたブックカバー=「ブックパック」
・問い合わせ先:MicroWorks
 Tel:03‐6265‐7353

【楽天】

読書が大好きだというTさん。
バスを待つちょっとした時間でも本を読みたい。
でも本をかばんから出したり、しまったりすることに
手間どることがありました。

そこで使うようになったのが、一見かばんのようなグッズ。
実は、カバンの形の、
樹脂でできたブックカバーでした。

文庫本に合うサイズなんでしょうね、
開くと表紙を挟み込むことができます。

しまう時には、カバーについているしおり(四つ葉のクローバー)
を挟み込めばOK。

かばんのようにして持ち運ぶことができます。

ちょっとした工夫があり、
閉じたところに爪がついていて、これを止めると本が開かなくなります。

本そのものを
かばんのように持ち運ぶことができるというアイディアです。

「ここの取っ手部分が、すごくいいんですよね。
さっと持ち運べるのに便利で。
形もすごくかわいいじゃないですか。
それはすごく気に入っています。」


鈴木アナウンサーも楽しそうに見ていました。
本をかばんにしまう時も、
このカバーがあるとページが折れてしまうこともないだろう
と言うことでした。

簡単なつくりですが、使い勝手がよさそうですね。


コメントを残す

このページの先頭へ