折って楽しむ年賀状=「おりがみ年賀状」20141118-3

まちかど情報室「”羊”で ご挨拶」
2014/11/18の放送でした。

 
●折って楽しむ年賀状=「おりがみ年賀状」
おりがみ年賀状<2015年未(ひつじ)年ver>販売ページ

会社員のTさん。
年賀状のやりとりが年々減ってきているといいます。

「はがきよりもメールの時代になっちゃったんだな、、、
年賀状は、気持ちを確認できる大切なものだと思います。」

そこでTさんが今年選んだ年賀状はちょっと変わっています。
点線や番号が書かれています。
折り紙の解説のような感じ。

受け取った相手が折り紙として楽しめるという年賀状です。

鈴木 「羊になってる」

折る前に、まず、紙をくしゃくしゃにします。
その後、番号順に折っていけば、羊が完成します。

くしゃくしゃにしたことで、羊の柔らかさが出ます。
裏にはメッセージもちゃんと見えるようになっています。

考えたのは雑貨デザイナーの増谷彩子さん。
2年前から干支をモチーフにした年賀状作りに取り組んできたそうです。

へび、うま、ひつじと来ました。

「ただ読んで終わりと言うのではなくて、お正月のゆっくりとした時に楽しんでもらえたらと思います。」


鈴木 「1年ずつかけて全部12個並べたらいいな。折はがき。」

上記ページによると、
「白、グレー、黒い顔の3種類のひつじのデザインがそれぞれ2枚ずつ入ってます!」
ということでした。
600円。在庫は多くはないようです。

インパクトのある年賀状ではありますね。
もらって喜ぶ人は多いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください