文字を撮影するだけで翻訳できる=「imisiru(イミシル)」20160428-1

「○○するだけでできます」
2016年4月28日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

和久田さんは、最近、メモを取りたいときにスマートフォンのカメラで撮るだけで済むので、活用しているそうです。

●文字を撮影するだけで翻訳できる=「imisiru(イミシル)」

海外ツアーの添乗員をしているNさん。

今度は中国に行く予定だそうで、地元の観光情報を確認しておきたいのですが、、、
「これがどういうお菓子なのか、自分自身が知らないとそこで説明ができない。」

わからない中国語も沢山あります。

そこで使っているのがカメラの形をしたもの。

カメラレンズがついていて、裏側には、液晶画面があります。
知りたい単語を撮影すれば、、、日本語が出てきました。

辞典が搭載されていて、文字を形で認識して翻訳してくれるというアイディアです。
縦書きでも使えます。

「パソコンで打って調べるときに、アルファベットじゃないのでどういうふうに打ち込んだら、その意味がわかるのか?
日本人からすると(パソコン検索は)不便なところがあるので、すごくすごく便利だと思います。」

中国語以外に、韓国語にも対応しています。
韓国語で書かれた「街角情報室」が見事翻訳されました。


これ一台で、中国語や韓国語のほか、英語も使えます。
(国語辞典も搭載していました!)

さらに、インターネット回線は使っていないので、通信環境がない状態でも使用することが出来ます。

暗い場所でも使えるように、ライトもついているそうです。
旅行にも勉強にも役立つ製品です。

面白い製品をどんどんと出している「キングジム」
さすがですね。

ネーミングもいいと思いました。
ネット一辺倒でないところがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください