書きながら切ることが出来る道具=「ペーパーカットアーティスト」20161111-1

「書く楽しさアップします」
2016年11月11日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

書くことが楽しくなるアイデアが紹介されていました。

●書きながら切ることが出来る道具=「ペーパーカットアーティスト」

小学生のMさん。
友達と一緒に思い出の写真でアルバムを作ります。
 【楽天】

使っているペンは、文字を書く以外にもう一つ楽しい使い方ができます。

ペンに附属のホルダーをかぶせます。
そして写真にハートを描くと、切り抜くことができました。

このペンは書きながら同時に切れるというものでした。

ペンの先には小さなカッターがついています。
透明なホルダーが支えとなって、カッターの刃がまっすぐ当たり、紙を切ります。

さらに、カッターの刃先はペンの動きに合わせて回転するので、複雑な曲線も滑らかに切ることができます。

カラフルなアルバムができ上がりました。

和久田 「縁取りがされているので、かわいいですね。」

子供たちは、クリスマスに向けて手づくりカードの準備もしているそうです。

「友達の誕生日カードとか、、、、
持ちやすいもんね。」


カッターの刃先が回転して曲線が切りやすいというのはいいと思います。

縁取り不要で使いたいということもあるだろうなと思いましたが、それはそれ。

書きながら切っていくという、作業の楽しさを感じるためのグッズだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください