書見台になるノートカバー=「ベアハウス 立つノートカバー」20150212-2

NHKおはよう日本、2015/02/12(木)のまちかど情報室のテーマは、
「変身して ビックリ!」

 
●書見台になるノートカバー=「ベアハウス 立つノートカバー」

税理士を目指して勉強中のSさん。
専門学校から帰ってきたら、すぐに授業の復習をします。
手書きのノートを確認しながら、その日学んだ重要な言葉などをパソコンできれいにまとめています。

【アマゾン】

「いちいちノートに視線を落としていると打ちにくかったり、集中力が切れちゃったりとか、、、」

そこで、最近役立っているのがノートカバー。
ポイントは、真ん中に切れ込みの入っている部分。
両端のホックを外して止めます。
それを引き上げると、スタンドに変身しました。

これで、視線を落とさずに作業できるので、資料の作成がはかどるようになったそうです。

ページ押さえも二つついているので、ノートはきちんと、とまっています。

「すごく見やすくて、集中力も落ちないで済むんで、ストレスも減りましたね。
見た目もスタイリッシュで格好いいので、気に入っている所ですね。」


立てて使うことを考えると、リング式ノートのほうが開きやすくていいかなと思いました。
(Sさんもリング式ノートでした。)

ノートにつけて持ち運べるのが特徴ではありますが、書見台とかコピーホルダーというジャンルに入るかもしれませんね。
ノートカバーとしては使わず、机に置いたままと言う人もいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください