石灰石から作られた名刺=「LIMEX(ライメックス)名刺」20161021-3

まちかど情報室は「これって 紙ですか?」というテーマ。
2016/10/21(金)の放送でした。

●石灰石から作られた名刺=「LIMEX(ライメックス)名刺」

不動産仲介会社で働くYさんとNさん。

営業に出るときに忘れてはいけないものが、、、
名刺です。

お二人が使ってる名刺は、紙ではなく、石からできているものでした。

「LIMEX名刺」注文ページ
(それほどお高くはありませんでした。)

この名刺、原料のおよそ8割が石灰石。
それに、合成樹脂を加えて作られています。

素材が石なので、紙にはないよさが生まれました。

ひねっても、折り目がつきません。
また、水に濡れても破れない、丈夫な名刺になりました。

製造過程で樹木や大量の水を使わないので、環境にもやさしいそうです。

この会社では名刺の素材を話題に、営業先でも打ち解けやすいと、好評だそうです。

Nさん「”実は、、、”という感じで話をすると、皆さんびっくりされて、お互い話しやすい状態に持ってけるってのはいいなって思ってます。」

Yさん 「折り目とかもつかないので、いつもきれいな状態でお客様に渡すことができますね。」


石灰石を薄くて品質の高い紙のように加工するこの技術。
日本のメーカーが開発を進めて実現させたものです。

紙と同じようにボールペンで書くこともできます。
メーカーでは様々な製品に広げて行こうと考えているそうです。

プラスチックの板とはまた質感が違うんだろうと思います。
触ってみたいなと思いました。

石灰石は埋蔵量が豊富で、日本でも完全自給できているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください