結ぶと鳥の飾りになる便せん=「むすびん」20140925-1

「紙を使ってひと工夫」
2014年9月25日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

先日、まちかど情報室で紙の鍋が紹介されていましたが、実は紙は色々な用途に使われています。
軽くて持ち運びにも便利なアイデアが紹介されていました。

 
●結ぶと鳥の飾りになる便せん=「むすびん」
・問い合わせ先:ペーパリー株式会社
 Tel:03-5272-3006

【楽天】

【アマゾン】

手紙を書くのが大好きだという、Hさん。
贈り物に一言書き添えようと、カードに「おめでとう」を書きました。

書き終わったらそのカードをたたんで、巻いていくと鳥の形になってきました。
最後に尻尾を引っかけると、でき上がり。
メジロだそうです。

他にもインコやひよこなど、6種類あります。

Hさん、お誕生日プレゼントに、先の鳥を乗せて渡しました。
「ほどいてみて」

鈴木 「ほどいてみて、といわないなとなかなか気づかないかも知れない。かわいいから。」

確かにそう思います。

「温かい気持ちが伝わってきてプレゼントと同じようにこの鳥も大事にしようと思っています。」

このアイデアは、神社のおみくじなヒントになったそうです。

「ほどいて楽しんで読んでもらえるのがまず、いいですし、自然と鳥がつくれてしまうので、贈る方も楽しめるというところがいいと思います。」


メーカーのHPを見てみると、
「”結び文”に遊び心をプラスした、立体型の一筆箋」という説明でした。
なるほどなと思いました。

コトリブームもあるそうですから、人気が出そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください