読んでいるページにひとりでに挟まるしおり=「アルバトロス」20130412-1

「はさんで便利」
2013年 4月12日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。
はさんで使うとちょっと便利になったり、お困りが解消出来るアイデアが紹介されていました。
 
●読んでいるページにひとりでに挟まるしおり=「アルバトロス」
・問い合わせ先:知識工学研究所(快読ショップ・ヨムパラ)
 TEL:03-5684-2823
URL→http://www.yomupara.com

読書が趣味のSさんが見つけたしおりが紹介されていました。
不思議な形をしていますが、素材は薄いポリプロピレン。

両端の太い部分はシールになっています。
まず片方は最後のページに貼ります。
もう片方は最初のページに貼ったら、真ん中を折って挟みこみます。
しおりになりました。

このしおり、いつも読んでいるところについてくる、という感じです。
読んでいるページに折り目が挟まるようになっています。

ということで、ピンポンが鳴ったときもそのまま置くだけで、大丈夫です。

「毎日通勤の電車の中で本を読むんですが、読んで閉じて、読んで閉じてというのが自由にできるのがとてもいいと思ってます。


はさみ忘れるということがあるからな、と鈴木アナウンサーががつぶやいていました。
ちょっと席を立つときに、開いたままひっくり返しておくということを良くしますが、
このしおりだと、とてもスマートですね。
また、通勤電車で使うというのは、とてもいいアイディアですね。


コメントを残す

このページの先頭へ