左右どちらにも回して削れる鉛筆削り=「ラチェッタカプセルハンディ鉛筆削り」20131203-2

2013/12/03のまちかど情報室のテーマは、
「手作業をサポートします」

 
●左右どちらにも回して削れる鉛筆削り=「ラチェッタカプセルハンディ鉛筆削り」
・問い合わせ先:株式会社ソニック
 Tel:03-6240-9277

【楽天】

【アマゾン】
ソニック ラチェッタ カプセル ハンディ鉛筆削り ライトピンク SK-878-LP

Kさん親子の、手作業サポート。
宿題中のお兄ちゃんの鉛筆が、だいぶ太くなりました。

手に持つタイプの鉛筆削りを使いますが、
普通のものよりも楽に削れるそうです。
ただ、鈴木アナウンサーは、
最初は違いに気づかなかったようです。

鹿島アナウンサーの解説がありました。

一般的なものは、削るときに一定方向に回す必要があるので、
回転させる後とに、一度手を離さなければなりませんでした。

この鉛筆削りだと、左右交互にどっちにまわしても
掴んだままで、手を離す必要がありません。

ポイントは中に入っている鉛筆削りの構造にあります。
同じような構造のトライバーが普及しています。
右にまわした時には鉛筆削りが固定されて、
しっかり削れます。

逆に回転する時には、鉛筆削りも一緒に動いて
空回りした状態になります。

握ったままで、削りが進んでいきます。

短い鉛筆も、蓋を使って楽に削れます。

「早く回せて簡単だからすぐ終わる。
気持ち良い。」


東京テレビ、トレンドたまごでも以前に取り上げられていました。
6月26日(水)です。
トレたまで紹介「ラチェッタカプセル」の関連記事
このときには、今回のタイプはまだ販売されていなかったようですね。

文房具も新商品が出続ける分野。
楽しいです。


コメントを残す

このページの先頭へ