ビジネス街の大規模自転車駐輪場=「HIBIYA RIDE」20141104-1

「自転車で通勤 快適に」
2014年11月4日(火)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

自転車で通勤している人は多くなっているようです。
ただ、着替えや駐輪場の確保など、クリアしなければならない問題もあります。
自転車通勤のために便利なアイデアが紹介されていました。

北海道では初雪も降り、すでに自転車通勤はかなり厳しくなっていますが、、、

 
●ビジネス街の大規模自転車駐輪場=「HIBIYA RIDE」

大規模自転車駐輪場「HIBIYA RIDE」

朝の東京大手町、都内屈指のオフィス街です。
その近くを走る自転車が入っていくのは、地下駐車場。
NEXCO東日本 日比谷駐車場。

車も入ってくるので、自転車から降りて押しながら入ってきます。
この駐車場の一角に、去年、およそ120台留められる駐輪場ができました。

利用者の多くは、自転車通勤をしている会社員の皆さん。

登場した男性は、毎朝6時に自宅を出発しているそうです。

「20キロちょっとあると思います。だいたい1時間くらいですかね。」
受付の壁には、「NEXCO東日本 HIBIYA RIDE RUNNERS STATION」とありました。

自転車を停めたあとは、受け付けを通って向かった先はシャワールームです。
ここで汗を流してさっぱりして、仕事に臨むことができます。

この男性は、月単位で利用契約をしていて、専用のロッカーにスーツケースを入れています。

脱いだウエアは、手洗いして脱水機にかけた後、乾燥室に預けられます。

ビジネスマンのスタイルをして、出勤しました。

夕方6時、仕事が終わったとは再びここで着替えて帰宅します。
干していたウエアはしっかり乾いています。

「自分自身の汗かきなので、そのままだと帰りちょっと着にくいんですけど、洗って干せる施設があるので、重宝します。」


上記HPによると、個人会員(月単位での契約)の「サイクルA会員」だと、バイクラック、保管用ロッカー、シャワー、更衣室が使えて、月額 23,657円。

「高くはないな」と、私は感じました。

受付に人がいるので、いろんな意味で安心感があると思います。
脱水機や乾燥室が用意されているのはいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください