自転車を立てて置けるスタンド=ミノウラ「DS-2100」20170130-3

まちかど情報室は「置き方工夫します」というテーマ。
2017/01/30(月)の放送でした。

●自転車を立てて置けるスタンド=ミノウラ「DS-2100」

MINOURA(ミノウラ) DS-2100 Tancho E’sse ホワイト
by カエレバ

会社から自転車で帰宅したHさん。

お気に入りの自転車を大切にしています。

盗難や汚れるのが怖くて、家の玄関に自転車を置いていました。
出入りがしにくいところが不自由だったそうです。

そこで使い始めたのが自転車のスタンド。
まず、後輪をタイヤ受けに入れます。

次に前輪を上のフックに引っかければ完了。

自転車を立てておくことで、普通に置くよりも必要なスペースが半分ほどで済むというアイディアです。

Hさんは、家の中に自転車を置くようになりました。

タイヤが床に触れないので、部屋を要すこともないとHさんは言います。

「家の中のスペースを取らずに、自転車を縦に分けて非常に快適に使っています。」

和久田 「前輪をひっかけて、絶妙なバランスでしたね。自転車好きの方は、家の中で眺められるというのもいいのかもしれません。」」


この自転車スタンド、タイヤの大きさに合わせてタイヤ受けの長さを調整することもできます。
タイヤをしっかりと挟んで、安定させて固定して置けるということです。

今時の自転車は軽くて簡単に持ち運べるのだろうと思います。
玄関で十分汚れを落とすなど、より細かく手入れをすることになりそうですね。
自転車好きには苦にならないことなんだろうと思います。


コメントを残す

このページの先頭へ