キーボードの上に置いて作業するための板=「15インチノート用アクリルテーブル」20131025-1

「スペース上手に使おう」
2013年10月25日(金)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

手狭でも大丈夫、となるような
意外なデッドスペースを有効に活用するアイデアが
紹介されていました。

 
●キーボードの上に置いて作業するための板=「15インチノート用アクリルテーブル」
・問い合わせ先:株式会社ドスパラ
 Tel:03-6694-6740

【楽天】

会社員のIさん。
電話がかかってきました。

「パッとメモを取るスペースがないことは、ちょくちょくありますね。」

無理してスペースを作ったりして、書類を落としてしまうことも
あるかもしれません。

スペースを作るためにIさんが活用しているのは、
透明な板でした。

厚さ5ミリ。アクリルでできています。

これを使うと、電話がかかってきて、メモを取るときにも
すばやくスペースができます。

キーボードの上にこの板を置いてスペースを作るわけです。

裏側の四隅に小さな足がついているので、キーボードと板の間に隙間が空いているので、キーが誤って押されることがありません。

ただ、表裏を間違えるとキーボードとの隙間がなくなるので、
変な入力がされてしまいます。

「資料をどかしてスペースを作るのではなく、
ぽんと置けば完了するので、すごく便利だと思います。」


ちょっとした工夫で本当に便利になるだろうなと思いました。
目立つ色なので、狭いところに立てかけておいても
すぐに見つけることができると思いました。

急いでいるときに、板自体が見つからなければ意味がないですからね。


コメントを残す

このページの先頭へ