家でできればうれしい味です 1月18日

今日のgoogleは「万籟鳴と万古蟾の生誕112 周年」の記念のロゴでした。例によって半端な年数ですが、しゃれなんでしょうね。この二人は誰なんだろうと、文字をクリックすると「西遊記」で検索した結果が出てきます。実は、1941年1月1日に公開された「西遊記 鉄扇公主の巻」という長編アニメ映画の制作者の兄弟だそうです。この映画はアジア初の長編アニメだそうです。ディズニーの「白雪姫」を見て触発されたんだとか。さかのぼるとやっぱりそこへ行き着くのかなという感じでした。
 2012年 1月18日(水)のまちかど情報室は、「家でできればうれしい味です」というテーマでした。家庭でおいしく楽しく調理できるアイデアグッズが紹介されていました。

●カルボナーラソースを作るグッズ=「カルボシェーカー」
・問い合わせ先:レアック・ジャパン株式会社 TEL:050-5527-0985
URL→http://www.reacjapan.com
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
Oさん親子。息子さんが大好きなのは、カルボナーラ。ソースに使う粉チーズとか生クリームの分量を間違うと、ぜんぜん麺に絡んでいない水っぽい状態になったりしてしまいます。そんなときに役立つのが、カルボシェーカーです。生クリームをボトルの目盛りまで入れます。粉チーズはフタの目盛りにあわせて計ります。一人分なら20グラムです。さらにたまごの黄身と白身も漉し器を使えば簡単に分けられます。全ての材料を入れてあとは振って混ぜるだけ。分量が正しければ、うまくいきますね。しかもよく混ざっています。ソースがしっかりパスタに絡んでおいしそう。
Oさんのコメント=「これだと分量が簡単に量れるし、ソースをしっかり混ぜることができるので、すごく重宝しています。
このシェーカーは、有名なイタリアンレストランのシェフが開発に協力しているようです。簡単においしいというのが一番ですね。

●たい焼き器=「たい焼きジャンボ いろいろ」
・問い合わせ先:杉山金属株式会社 TEL:0256-63-8125
URL→http://www.sugimetal.jp/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
Mさん夫妻と、息子さん家族。バラエティあふれる具がテーブルに載っています。たい焼き用のプレートが登場。生地を流し込み、好きな具を入れていきます。両面を3分ずつ焼いたら、出来上がり。焼きむらもこげているところもありません。この製品ちょっとした工夫があります。全面的に金属になっているのではなく、隙間があって空気があります。空気が温められて鉄板に熱が伝わることで、満遍なくあったまるんだそうです。たい焼きパーティが、楽しそうでした。あんこなどを入れてスイーツとして楽しむだけでなく、ベーコンやコーンなどを入れて、軽食とすることもできますね。さめたらどうかな、と思いますが、お弁当としても使えるかもしれません。

●発酵器=「ヨーグルティア」
・問い合わせ先:タニカ電器株式会社 TEL:0572-22-7371
URL→http://www.subaruya.com/
楽天でもアマゾンでも扱いがありました。
3つ目の話題は納豆でした。粒が大きい納豆が登場。Tさん夫妻が大豆の産地や大きさにこだわってつくった自家製の納豆でした。使うのは、発酵器です。中を見てみると電熱線が巻いてあって、温度の調節は25度から65度まで設定することができます。柔らかく煮た大豆を専用の容器に入れて、納豆菌はなかなか手に入れるのは難しいので、市販の納豆を一つまみ入れます。密閉するのではなく、混ぜた後は、空気が入るようにふたをして48時間、45度で発酵させます。糸をしっかり引いている納豆ができました。
Tさんのコメント=「自分の好きな納豆ができることがいいですね。」 ご主人のコメント=「愛情こめて作ってくれるので、朝食が楽しくなります。」
発酵時間を変えることで濃い目の味だったりあっさりした感じだったりと、変化をつけることができるそうです。もともと、この発酵器はヨーグルトをつくるためのものです。40度で6、7時間でできるそうです。寝ている間にできますね。我が家もヨーグルトの消費が激しくなってきたので、購入を検討してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください