手をかざしてパソコンを操作できる装置=「Leap Motion Controller」20131101-2

2013/11/01のまちかど情報室のテーマは、
「かざすだけで使えます」

 
●手をかざしてパソコンを操作できる装置=「Leap Motion Controller」
・問い合わせ先:秋葉館
 Tel:03-3255-8252
秋葉館のLeap Motion Controller商品ページ

【アマゾン】

小山アナウンサーが、普段やりなれないハンバーグ作りに挑戦。
ひき肉をこねています。

パソコンでおいしいハンバーグの作り方を見ながらの作業です。

ただ、手がふさがってしまって、パソコンを操作することは出来ません。
そこで使うのは小さな装置。

USBでパソコンにつなぎます。
その上に手をかざすと、画面をスクロールすることも
クリックしたりすることも出来ます。
実際に
指の動きで、クリックできました。

この装置、中に小型のカメラが入っていて、
リアルタイムで手の形や動きを認識するという仕組みになっています。

小山アナウンサーは、なれるまでに時間がかかったそうです。
30分くらいはかかったと言うことでした。

タッチパネルではないパソコンでも、
この装置をつけると、
手をかざしながら、タッチパネルのように操作が出来るようになります。

鈴木アナウンサーは、
「未来の道具というかんじで、わくわくしますよ。」と言っていました。


タッチパネル操作が徐々に増えていくことでしょう。
もともと、対応していないパソコンでも、
これを使えば、それらしくなるかもしれませんね。

使ってみたいなと思いました。


コメントを残す

このページの先頭へ