手をかざして曲を操作できるスピーカー=「SHOQBOX SB7100」20130919-1

「音楽の楽しみ広がります」
2013年9月19日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

聞くだけではなく、いろいろな方法で音楽を楽しむアイディアが
紹介されていました。

 
●手をかざして曲を操作できるスピーカー=「SHOQBOX SB7100」
・問い合わせ先:フィリップス
 Tel:0120-336-634

【楽天】

【アマゾン】
フィリップス ワイヤレスポータブルスピーカー SHOQBOX SB7100【Bluetooth対応・シティモデル】

主婦のEさん。
スピーカーを置いて、娘さんとクッキーをつくりながら、
音楽を楽しんでいます。
アップテンポの曲でのっています。

そのとき、曲が変わりました。
さだまさしです。

アップテンポの曲がよかったな、ということで、
曲を変えたいのですが、調理中で手はべたべたです。

そんなときに、その手をそのままスピーカーにかざして動かすと、
元の曲に戻りました。

このスピーカーは、手をかざすだけで操作ができるというものでした。
秘密はセンサーにあります。
手の動きを感知しています。
左から右に動かすと次の曲になります。
逆に右から左に動かすと曲が戻ります。

一時停止も、再生も、手をかざすだけ。

このスピーカーは、スマートフォンやパソコンなどに対応しています。
取り込んだ音楽を無線で受信するので、場所を選ばず音楽が聴けます。

Eさんは、子のスピーカーを手元において、音楽を楽しんでいます。

「ちょっと飽きたら、次の曲とかにできるので、
のったままできるというのは、楽しいですね。」


手の動きを感知するセンサーは、モーションセンサーというようです。
いろいろなゲーム機が発達して、
そこからフィードバックされてきたのかなと思いました。
興味深い製品ですね。


コメントを残す

このページの先頭へ