スプーンですくいやすい皿=「自助食器 美華シリーズ」20160301-3

まちかど情報室「いつまでもお元気に」
2016/03/01(火)の放送でした。

●スプーンですくいやすい皿=「自助食器 美華シリーズ」

Tさんは、8年前に病気をして右半身に麻痺が残り、現在施設で暮らしています。

お楽しみは食事の時間。
この日のメニューは、Tさんの大好きなハンバーグでした。

利き手の右手がうまく使えないので、スプーンを使って左手で食べています。

和久田 「利き手じゃないと、食べづらいですよね。」

使ってたお皿には、食べやすくなる工夫がありました。

【楽天】

その断面を見てみると、片方だけ外側に膨らんでいって、縁が内側に入っています。
ここにスプーンを持っていけば、食材が自然とスプーンの中に入ってきて、楽にすくえます。

お皿の底には、3ヶ所シリコーンがついていて、滑りにくくなっています。

Tさんは、片手だけでも楽に食事ができるようになったそうです。

【アマゾン】

「気持ちよくすくえちゃうからね。美味しくいただけます。」

和久田 「お皿を持ち上げて傾けたりしなくても、自分で楽に食べられるというのは本当にいいですね。」


縁が広くなっているところもありますが、それは持ちやすくするための工夫です。

とにかく、自分で食事をとる楽しみを味わってもらおうということで、サイズは5種類。
小鉢などもあります。

専用の蓋もそれぞれついていて、冷めにいようにする工夫などもされています。

和久田 「優しさが詰まっていますね。」

————————
すくいやすいというのは、小さな子供にとっても助かりますね。
使う人の立場に立ってよく考えれば、いい製品はできてくると思います。

これからも、介護用品や子供用品は進化を続けてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください