柄の部分を手に合わせて曲げられるスプーン=「ウィル1 介護用スプーン」20140703-1

「お年寄りの”手” 支えます」
2014年7月3日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

手の力が弱ってしまい、生活に不便を感じている高齢者の方は多いそうです。
手を支えて便利に使えるアイデアが紹介されていました。

 
●柄の部分を手に合わせて曲げられるスプーン=「ウィル1 介護用スプーン L」
・問い合わせ先:株式会社青芳製作所
 Tel:0120-137-149

【楽天】

【アマゾン】

Sさんは87歳。
大好物なのが、カレーライス。
今日も一層にできて、さあ食べようということになりましたが、不安に思ってることがあるそうです。

「年とともに握力がなくなり、持つところが細いのでつるっと滑って、おっこっちゃうんですよ。」

そこで最近使い始めたのが、
ちょっと変わった形のスプーンです。

形状記憶樹脂というものが使われています。
80度以上のお湯につけますとやわらかくなります。
自分が握りやすい形に曲げることができます。

この状態で水につけて冷やせばその形でしっかりと固まります。

Sさんは、スプーンを手にはめた状態で、ゆすってみましたが、落ちません。

「手にフィットしてぴったりはめたような感じで、食べられますので、、、。

おいしいわ。」


安心して食べられるというのは何よりです。

自分の手の大きさや、使いやすい角度に合わせて形が決められるのはうれしいですね。

スポーツ選手のマウスピースなどには使われていたのだろうと思いますが、
形状記憶樹脂と言う言葉は初めて聞きましたが、これからはどんどんと活用されていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください