スマホと連動する魚群探知機=「ソナーボール」20140723-1

「夏のレジャー手軽に」
2014年7月23日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

すでに夏休みに入っている所があるんですね。
北海道は今週の終わりからというところが多いですね。
海や山など野外遊びに楽しいアイデアが紹介されていました。

 
●スマホと連動する魚群探知機=「ソナーボール」
・問い合わせ先:株式会社CHO&Company
 Tel:SONA.rBall@cho-co.jp

【楽天】

【アマゾン】

ブラックバスがよく釣れるので有名な千葉県高滝湖に来たのはOさん親子。
初めて釣りをするという息子さんのために、Oさんが用意したものは、手のひらサイズのグッズ。

何かと思ったら、魚群探知機だそうです。
魚がいそうなポイントにきたら魚群探知機を投げ入れます。

超音波を発信して魚がいるかどうかを見つけてくれます。
そのデータをスマートフォンに送る仕組みです。

スマートフォンに映ってきました。
かんかんという音も鳴りました。

水深3メートルくらいのところに魚がいるようです。

しばらくすると魚のマークが大きくなりました。
大物が近づいているようです。

そこで5時間粘りましたが、残念ながらつれませんでした。

「魚のマークが出て、いるんだな!とモチベーションが上がりますよね。
釣れるかどうかはあとは腕なんですよね。」


鹿島 「湖や川などの管理者が定めたルールを守って遊んでください。」

魚がいることがわかれば、粘ることもできそうですね。
いるかいないかわからないところでは、頑張りきれません。

釣りは趣味の王様と言われますが、釣れなくても楽しめる境地になれればいいですね。
性格的に合う人合わない人はいるだろうと、改めて思いました。


コメントを残す

このページの先頭へ