スマホのバッテリーを分けてもらえるケーブル=「スマホで充電 レスキューケーブル for microUSB」20131108-3

まちかど情報室、「つなげて便利です」
2013/11/08の放送でした。

 

●スマホのバッテリーを分けてもらえるケーブル=「スマホで充電 レスキューケーブル for microUSB」
・問い合わせ先:株式会社日本トラストテクノロジー
 Tel:03-5818-2650

【楽天】

【アマゾン】
日本トラストテクノロジー スマホで充電 レスキューケーブルブラック RESQCABLE

先輩と食事中のAさん。
大して話をしていたわけではなかったそうですが、
あっという間に時間が過ぎて、
気づくと、スマートフォンのバッテリーがわずか14パーセントになっていました。

そのときに取り出したのが
一見普通の充電用のケーブルですが、
バッテリーに余裕がある先輩のスマホにつないで、
電気を分けてもらうためのケーブルでした。

Aさんのバッテリーは回復していき、先輩のバッテリーは電気が減っていきます。
機種によっても違いますが、
おおむね、10分で5%ほど回復するそうです。
つなぎっぱなしにすると、相手の電気を全部吸い取ってしまうので、
注意が必要です。

「バッテリーの友達で、バテトモ。
バッテリーを分けてもらうことで
気持ち的な部分でも、どこかつながっているような
気がしますね。」


小山アナウンサーも指摘していましたが、
そもそも補助の電源などを用意しておけば、済むこと。
最初から、人のスマホを当てにするというのは、
周りにはあまり、歓迎されないことだと思います。

そもそもは、二つのスマホを持っている人が考え出したそうです。
片方に大事な連絡先が入っていて、
そちらは、バッテリー切れになってしまったという体験から、
余裕のあるほうから足りないほうへ電気を送ることを考えたそうです。

面白いですね。

ただ2台スマホを持っている人は、そう多くはないと思います。

車のバッテリー同士をつなぐケーブルのように、
いつ使うことになるかわからないけれども、
備えておきたいものですね。


コメントを残す

このページの先頭へ