スマホをキレイに保つ=「和紙で作ったスマホクリーナー」20161208-2

NHKおはよう日本、2016/12/08(木)のまちかど情報室のテーマは、
「原材料に ひと工夫」

●スマホをキレイに保つ=「和紙で作ったスマホクリーナー」

和紙で作ったスマホ・タブレット用クリーナー(HANABI):P-J/KCT03PN[ELECOM(エレコム)]【税込2160円以上で送料無料】
by カエレバ

スマートフォンなどの汚れを拭き取るクリーナー。
材料に工夫があります。

表面がざらっとしているシートです。

愛用してるのはグラフィックデザイナーのYさん。

材料は和紙でした。

ハンドクリームは欠かせないこの季節。
スマートフォンを操作すると、すぐに画面が汚れてしまうので、Yさんは困っていました。

そんな時、ティッシュで拭き取っていましたが、最後まできれいにならず、ティッシュの繊維がついてしまうこともありました。

そこで使うようになったのが、和紙製のクリーナー。
きれいに拭き取ることができます。

材料は高知県の土佐和紙。
長い繊維が絡み合っているので、油汚れも吸い取るように拭き取れるそうです。

細かなチリも出にくいとのこと。

丈夫なので、Yさんは1週間ほど使ってるそうです。

「数回きゅっきゅっとしたらキレイになって気持ちがいいですね。
カードケースに入る大きさなので、いつも入れて持ち歩くようにしています。」


眼鏡を製造するメーカーでは、工場での最終クリーニングに和紙を使うことも多いそうです。
スマホだけでなく、眼鏡拭きとしての需要も多いそうです。

汚れをスッキリ拭き取ることが出来るのはいいですね。
1回きりではなくて、ある程度の期間使えるのはいいと思います。
更にコストパフォーマンスが上がってほしいですが。


コメントを残す

このページの先頭へ