スマホを封印する包み=「スマホ封印太郎」20160104-2

NHKおはよう日本、2016/01/04(月)のまちかど情報室のテーマは、
「目標に向けて頑張ります」

●スマホを封印する包み=「スマホ封印太郎」

高校2年生のNさん。
定期試験に向けて勉強しています。

「友達からの連絡が来ると、すぐに返信しなきゃと思って、それでどんどん時間がつぶれていってしまいます。」

和久田 「連絡があるとついつい見ちゃいますね。」
【アマゾン】

誘惑に勝つために、スマホ封印するためのグッズを使い始めました。
紙でできた包み、と「封」と書かれたシールのセットです。

包みは中にスマートフォンの絵が描かれています。
その絵の上にスマホを置き、熨斗袋のように包んでから上下を挟み込むと中央に窓ができます。

そこに「封」のシールを貼って、封印します。

このシールには切れ込みが入っていて、きれいにはがそうとしても途中で破れてもとに戻せません。

だから、一度しか使えないということで、自制心につながるというアイディアです。

「大切な試験の前だったり、重要な課題をする時に、封印してるんだなって感じるのでいいと思います。記」

和久田 「覚悟の表れですね。


市役所で働いていた男性が考えました。
仕事で、スマートフォン利用者の実態調査を見たところ、高校生が1日平均2時間35分使っているということを知って、受験生にもっと時間を有効に使って欲しいということで開発したそうです。
(調査によっては、もっと長時間使っているという結果になっていることもあるようです。)

和久田 「受験生、ラストスパート頑張ってください。」
スマホをしっかり封印できると能率がアップすると思いますね。

ただ、このグッズは、1セット入り。
コスト的に、毎日使えるようなものではありません。
ここぞというときのものだと思います。

我が家にも受験生がいます。
もうすぐセンター試験ということで、このお正月は勉強を続けやすい雰囲気づくりに気を使いました。

これからは、体調管理に気を付けてあげたいなと思っています。
気になりますが、やるのは本人。
見守るというということに徹したいと思っています。


コメントを残す

このページの先頭へ