水に浮く防水スマホケース=「DIVAID」20150803-3

まちかど情報室「海で遊ぼう!」
2015/08/03(月)の放送でした。

 
●水に浮く防水スマホケース=「DIVAID」
※「DIVAID lite」という製品もありますが、これは今回紹介されたものとは別物です。
(水に浮く機能はないと思います。)

【楽天】

【アマゾン】

友達と一緒にビーチに来た会社員のIさん。
浜辺にスマートホンを持って行くときに使っているケースを紹介してくれました。

スマートフォンを入れてロックすれば、砂がついたり濡れたりする心配がありません。
水道管の部品などに使われる、耐水性の高い樹脂でできていて、しっかり密閉できる構造なので完全に沈めても、全く問題がありません。

さらにもう一つの特徴は、水に浮くこと。
縁がエアクッションになっているので、浜辺に落としても波で水面に浮き上がります。

ケースに入れたまま操作もできるので、海に入りながらの迫力ある映像を撮影することもできます。

「スマホケース中に入れるだけで、安心感が全然違いますよね。
今年の夏は間違いなく欠かせないですね。」


和久田 「海だけでなく、家でもお風呂で使えそうですね。」

メーカーの開発者が海で釣りをしている時に、防水ケースをつけたスマホを持っていて、魚を釣り上げる瞬間を撮影しようとして、海に落としてなくしてしまったということがあったそうです。

そこで、「防水だけでは不十分、水に浮くという機能が必要」と考えたそうです。

エアクッションは、落とした時の衝撃を和らげる役割も果たすということです。
ちょっとした工夫で、随分と使い勝手は上がりますね。


コメントを残す

このページの先頭へ