簡単にバーチャルリアリティを体験できる箱=milbox「みるボックス」20150416-2

NHKおはよう日本、2015/04/16(木)のまちかど情報室のテーマは、
「スマートフォンで楽しく便利に」

 
●簡単にバーチャルリアリティを体験できる箱=milbox「みるボックス」

「みるボックス」紹介ページ

スマホを入れて楽しむ段ボールの箱眼鏡。
大学生のYさんが覗いているのは、上空100m から見た景色。

頭を左右に動かすと、映像もつられて動きます。
下を向くと、地面に着地します。

見ていたのは、このメガネのレンズで覗くと、バーチャルリアリティーの体験ができる、画面が二分割された映像です。

臨場感溢れる3D 動画などを手軽に見ることができます。

最近の映像技術を、身近なスマートフォンを使って楽しもうというアイディアです。

「その場にいるような臨場感があって、自分が体験してるように映像が見えて、すごくおもしろいです。」


バーチャルリアリティは、特別なものではなくて日常生活の中に入ってきているようです。

私が思っていたよりは、3Dテレビは普及していませんが、今後はテレビではなくてスマートフォンやタブレットなどで、3D映像などを楽しめるようになっていくのかもしれません。

ハイテクなものをダンボール製のもので楽しむというのは面白いですね。


コメントを残す

このページの先頭へ