ほおに貼り付けるマスク=「ひもなしマスク」20131211-1

「風邪に負けません」
2013年12月11日(水)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

風邪が流行する時期となりました。
実際、身の回りでもセキをしている人がいます。。
マスクや石鹸などおなじみのグッズですが、
一工夫加えた製品も登場しています。

 
●ほおに貼り付けるマスク=「ひもなしマスク」
・問い合わせ先:株式会社ビー・エヌ
 Tel:0277-45-3004

【楽天】

【アマゾン】
<お得な6個パック>ひもなしマスク ふつうサイズ 3枚入り×6個

会社員のKさん。
長時間マスクをつけると、耳が痛くなるという悩みがありました。
また、めがねをかけているので、引っかかることもありました。

最近気に入って使っているものがあるということでした。

一見普通に見えますが、気をつけてみるとひもがありません。
両端を見ると、耳にかけるゴムがありません。

マスクの両端はシールになっていました。
これをほほに貼り付けて使います。
直接肌になることになるんですね。

よくフィットして、めがねも曇りにくいそうです。
ゴムひもがないので、耳が痛くなりません。

医療用のかぶれにくいテープが、シールに使われているので、
しっかり留まって何度もつけたりはずしたりすることも
できるということです。

「ひもがないから、すごい着け心地がよくて、
耳が痛くないし、メガネかけている人にも、
ぜんぜん邪魔にならないよ、ということで。」


あごもすっかりと包み込むような形になっています。
理屈は分かりましたが、あとは接着面がどうなのかと言うことですね。
何度も着けはずしできるということでしたが、
だんだん粘着力は落ちてくるような気がします。
このマスク一枚あたり100円くらいになりますが、
どのタイミングで取り替えたらいいのでしょうかね?
ご存知の方、コメントなどいただけたら助かります。

一般的な使い捨てマスクなら、毎日交換するのが普通と、
聞いたことがありますが。


コメントを残す

このページの先頭へ