マスクのひもにかぶせて使う=「ミミストップ」20141120-1

「耳につけて便利です」
2014年11月20日(木)放送のNHKまちかど情報室のテーマです。

鈴木アナウンサーは福耳か?というところからスタートしました。
福耳ではないようですね。
ピアスでしょうか?
耳から下がるアクセサリーが目立ちました。
NHKのアナウンサーも、アクセサリーが当たり前になりましたね。

耳を守ったり、耳で操作したり、耳につけて役立つアイデアが紹介されていました。

 
●マスクのひもにかぶせて使う=「ミミストップ」

【楽天】

【アマゾン】

乾燥するこれからの時期、予防も兼ねてマスクする人が沢山います。
NHK の局内でもよく見かけるそうです。

介護士のKさん。
職場でも、マスクは必須です。

「耳の後ろがすごく痛くなって、赤くなるので、ゴムを伸ばしたり、大きめのマスクをはめたりしていました。」

そこで、使うことにしたのは、一見マカロニのようなグッズ。

マスクの紐にかぶせて使うチューブでした。

人工皮膚にも使われる、医療用の素材を使っているので痛くなりにくいそうです。

「つけてても全然違和感がなくって、、、
この太さがいいのかなと、思いました。
マスクをしてるという感じが全然しないです。」


マスクの紐が痛いという人はたくさんいます。
ネット上でも、対策のアイディアを見ることができます。
耳にかけるのではなくて、輪ゴムなどを使ってマスクのゴムを連結して頭の後ろにかけるというのは、すぐにできそうだなと思いました。

また、今回紹介されたチューブと同じような使い方で、脱脂綿をひもに巻くという人も多かったです。
これも、有効だろうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください