マスクを首でとめるためのグッズ=「くびにかけるくん」20150402-3

まちかど情報室「この溝がいいんです」
2015/04/02(木)の放送でした。

 
●マスクを首でとめるためのグッズ=「くびにかけるくん」

【アマゾン】

白いスポンジ。
Uの字型をしていますが、片側に3つずつ溝が入っています。

使っているのは花粉症に悩まされている、Tさん。
「マスクを長時間していると、耳が痛くなってくるので、、、」

こんなときに活躍するのが、白いスポンジです。
溝に引っ掛けるのは、マスクのひもでした。
首の後ろに当て、もう片方のひもを引っ掛けると、耳にかけなくていいので、耳の裏側が痛くなりません。

溝は三つあるので、紐の長さに合わせて使います。

開発したのは、ひどい花粉症でオフィスの中でもマスクが手放せないという会社員の男性。
勤めている会社で製造している、車の洗浄スポンジからこのアイディアを思いついたそうです。

「意味の痛さはないですし、首にあっても違和感がなくて、長時間していても全然大丈夫になりました。」


自ら花粉症に悩んでいる人の、切実な思いによって作られたグッズでした。

マスクのひものせいでメガネが安定しない場合にも使えそうです。
眠るときにマスクをつける場合に使用している人もいるようです。

ひもが伸びないタイプのマスクには使えませんね。

レビューを見ると、”ずり落ちやすい”という欠点を指摘する人もいました。

首でとめるのは、いいアイディアですが、さらに改良の余地があるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください