東京の風景を楽しめる自然気化式加湿器=「イコー ラ・ヴィル 001 東京」20160310-2

NHKおはよう日本、2016/03/10(木)のまちかど情報室のテーマは、
「組み立てると、、、」

●東京の風景を楽しめる自然気化式加湿器=「イコー ラ・ヴィル 001 東京」

切り抜かれた紙のようなものが沢山あります。
附属のピンを刺して台座を組み立て行きます。

ここにシートを半分に折りたたんでセットしていきます。
景色のようになってきました。
立体的な、奥行きのある風景です。

【楽天】

手前はレインボーブリッジ。
東京お台場から見た風景になりました。

反対側を見てみると、右下の雷門が特徴的。
浅草の風景でした。

ただのオブジェではなくて、台座に水を注いでいきます。
シートを見ているとどんどん水を吸いあげて、これで部屋を加湿してくれます。
ポリエステルに特殊な加工をしていて、風景を型抜きした加湿器のアイディアでした。

【アマゾン】

一度の給水で丸一日加湿できるそうです。
風景を眺めつつ、加湿もしてくれる、、、おしゃれです。

「娘がまだ1歳4ヶ月なので、電源コードも何もなくて助かってます。
飽きることなく、気分転換に向きを変えてみたりという感じですね。」


販売元HPによると、
「フィルターは1シーズン(3~6ヶ月) を目安に交換してください。」
とのことでした。

快適に使うには、シーズンごとにシートを購入した方がいいのかなと思いました。

東京だけでなく、ほかの地域の風景もあるようです。
博多・京都・北陸・神戸・北海道

乾燥がひどいところでは非力に感じるかもしれませんが、
扱いも簡単、穏やかな加湿というのは、いいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください